RSS | ATOM | SEARCH
樽出しヌーボーの会 2名キャンセルでました。

満員御礼で締め切ったヌーボーを樽から飲む会ですが、

2名キャンセルが出ましたので、お知らせします。

 

参加ご希望の方、メールかお電話ください。

 

メールは返信をもって、参加確定とさせていただきます。

 

よろしくお願いします。

author:いけやん, category:イベント, 18:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
11/5店内にて、有料ワイン試飲会

2017.11.5日曜日に
笹一酒造の国産ワイン欧州品種部門金賞受賞のオリファント、
羽曳野の頑固おやじのワインでおなじみの仲村ワイン、
マレシャル ポマール 2007
マレシャル ポマール 2015
マレシャル アリゴテ2015
フォラン アロースコルトン ヴェコ-2010

ワイン上代 約30000円の会です。

お一人70CCずつの勘定で、10人で割ります。

会費3000円です。

 

いわゆる国産ワインの中でも、レベルを知るのに知って

おきたいところが赤、白はいりました。

あと、マレシャル15の会を考えておりましたが、

今回は2007と2017のポマールで、熟成の具合を、

2015のアリゴテで白の感じを、

先日の東京のマキコレ試飲会で素晴らしかった

フォランのアロース・コルトン ヴェコ-2010の

6種類を開けてみようとおもいます。


開催時刻は午後2時を想定していますが、時間に間に合わない方は、
チケット制で行いますので、その日のうちにお越しいただければ、
大丈夫かとおもいます。

 

お食事はでませんので、お昼は済ませてからお越しください。


参加ご希望の方、お申し付けください。

 

あと4名募集です。

author:いけやん, category:テースティング, 19:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
2017ボジョレーヌーボー情報

今年の現地情報がでました。

 

---------

 

 

 

ボジョレー地方はにとって、2017年は年間を通して

暑い年でした。そのため8月終わり、又、9月頭から収穫が始まる

という割りと早い収穫の年となりました。

夏に雨が少なかったため、収穫量は殆どどのパーセルでも平均的

にとても少なくなりました。
暑さが続いたおかげで良い状態まで完熟したガメイは、とても品質

が良いのに付け加えて、今年はプリムール(新酒)が出来るまで、

醸造に充分な時間があるため、普段より良い出来が見込めそうだ。


残念ながら、ゲリラ豪雨のような強い夕立と雷があり、フルーリー、

シェナ、ムーラン・ナ・ヴァンのエリアは部分的に雹が降ってしまい、

殆ど収穫できないエリアがあり、ジャンモルテの畑も
部分的にやられてしまいました。

 

また、比較的平らな畑は冷気がたまりやすいために一部冷害にやられ

てしまい、芽が枯れてしまった被害もありましたが、難を逃れた畝は

とても小ぶりで健康なブドウを付けました。

順調にアルコール発酵、マロラクティック発酵まで滞りなく進み、

ゆっくりと醸造したヌーボーはとてもふくよな果実味で2016年に

とても近い出来になりました。

 

今年もランランク上のヌーボーをお楽しみください。

金井麻紀子

 

 

--------------------

 

ご予約ありがとうございます。

 

完売しているものが、何種類かでてきました。

 

 

お早目のご予約をお願いいたしますね〜。

 

 

2016のヌーボーをただいま、店内にて数種類絶賛試飲中です。

 

 

author:いけやん, category:ごれんらく, 11:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
24日は臨時休業します。

24日火曜日は、マキコレワインの試飲会が東京で

ありますので、臨時休業いたします。

23日に振替営業いたしますので、配達等は

23日月曜日にお願い致します。

author:いけやん, category:ごれんらく, 10:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
店内試飲会のお知らせ

2017.11.5日曜日に
笹一酒造の国産ワイン欧州品種部門金賞受賞のオリファント、
羽曳野の頑固おやじのワインでおなじみの仲村ワイン、
あと、マレシャル等のワイン4本を絡めて合計6本の試飲会を検討中です。
10人集まったら開催します。
参加費は、3,000円を予定しています。
開催時刻は午後2時を想定していますが、時間に間に合わない方は、
チケット制で行いますので、その日のうちにお越しいただければ、
大丈夫かとおもいます。
参加ご希望の方、お申し付けください。

 

国産ワインの実力と、

2015のマレシャルをうらなう会です。

 

ワインだけの会です。

お食事はでませんので、お昼は済ませてからお越しください。

author:いけやん, category:イベント, 11:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
2017高級ワイン割り勘の会 vol.17

 

小雨模様の15日の日曜日、割り勘の日の午前中は、親戚の法事で

母親の運転手として、須磨に行ってました。法事が終わり、長田で

お昼のお膳でした。通り道に鉄人28号を発見しました。

なかなかの迫力でした。

 

結構なシンボルになってるそうで、最近、お色直しをしたそうです。

 

 

お昼がながくなりそうだったので、事情を話して、少しだけ早退させて

いただきました。

 

3時過ぎにお店に戻り、会場にワインの搬入です。

ワインの温度をあわせるために、赤はセラーで18度、抜栓は前日に行い

ブショネのチェックを済ませました。

 

白と泡は2日前から5度の冷蔵庫で、保管。

 

 

 

割り勘会にもっていく赤ワイン、おいしくなーれ。

 

 

 

 

 

 

4時過ぎに搬入を完了し、車を自宅に戻し、電車にて会場いり。

 

白のミレーヴォークパン2015を抜栓して状態を確認。

うん、トレビアンです。

 

待ち時間に30名様✕5脚のワインを入れていきます。

途中からは、早めに来られたお客様にもお手伝い頂き、

スムーズに注ぎ終わりました。

 

注いでる間に、妻からマキコレワインの凄さ、他のワイン

との違い、その理由などをアナウンスしてもらいましたが、

皆さん、初めてきくリアルな情報に前のめりになっていました。

 

今回のワインの写真、一番左は、マキコレの2016年のボジョレーヌーボー

プチメゾンオート アルヴァンドヴォーソンヌ 

ほぼ、会食がおわった頃に、ご希望の皆様にお配りしました。

(皆様、ご希望でした。笑)

 

 

無濾過、樽熟成のボジョレーばなれした「おいしいヌーボー」

を試飲していただきました。

全然ちがう、おいしい、と評判でした。

 

 

 

昨今は粗悪品のボジョレーヌーボーのおかげで、

ボジョレー ≒ うすっぺらいまずいワインの風評が

立ってしまい、まじめな生産者があおりを食って

苦戦しているところもあると聞きます。

 

元々は、ブルゴーニュの並びで、その年のブドウの

出来をみるために、フライング禁止の解禁日を設け、

きちんと収穫、醸造するはずだったのに、大企業の

倫理で、味や安全性は後回しになって、コストカット

だけを行った「なまえだけヌーボー」が1つの

ワイン文化を破壊しようとしています。

 

うちは本当のヌーボーをお伝えするということが、

生産者に対する敬意と考えますので、微力ながらも

店頭やこういう機会で、体験して頂いております。

 

今期のヌーボーも、固定のお客さまのこれからご予約いただけそうな

方を除いて、ほぼ、半分、40数名のかたから、150本ほどご予約いただきました。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

今回のワイン

 

1、ボンジロー ノンドゼ
セルビアで理想の地を見つけてワイン造りをするボンジローのつくる、ノンドサージュ、
ブリュット ナチュレのスパークリングワインです。醸造時のブドウ以外の原料は
つかっていません。

・・すごく素直な味わいで、辛口なんですが、ドサージュのないやわらかさ、ふくよかさ、

がありました。これは、スパークリングでありがちな、きつさがないですね、という意見が

ありました。

 

2、ミレー シャブリ1ERヴォークパン2015
2015年のミレーのヴォークパンは、シャブリ地区の金賞を受賞致しました。
爽やかでありながら、完熟したブドウを感じさせるキリッとおいしい白ワインです。う

・・この日、とっても評判が高かったワインです。圧倒的な凝縮感があり、上品さも

すばらしい。シャルドネが苦手と仰る方も、これはイケると早々に完飲してました。

 

 

3、シャトー・ロールデテール2012
ジュラの銘醸、ヘンケがボルドーでアンドロンを立ち上げた時に、全てのワイン
業務を行っていた青年セドリックが、自分のブランドを立ち上げました。ボルドー
ワインとしては、脅威の低収穫量で、飲みごたえが有りながらも上品さも持ち合わせて
います。

・・この日の他の赤は、ピノノアールのやさしい感じのもので、1つ濃い目の

タニックなワインも、と、このワインを選びました。しっかり目がお好きな

人にとても喜んで頂きました。開けたては、タニックが勝っているのですが、

今回は前日抜栓したこともあり、食事後半にはまろやかさがでてきていました。

 

 

4、アラン・ジャニアール マルサネ ラ・コテ2013
アランはジブレイシャンベルタンもありますので、どちらにするか迷いましたが、
今、2013がとても美味しいと桐生で聞きましたので、こちらにしました。
赤身肉との相性が抜群だそうです。

・・きれいなピノノアールの代表なような味わいでした。

どこまでもクリアーで、それでいて、パワフルな、線は細いのに、芯はしっかり

している女性のような、そんな感じ(笑)

 

 

5、トルショー シャルム・シャンベルタン2004
2005年に引退し、今は幻となってしまった名匠トルショーのワイン。色は薄いのに
驚愕するほどの、果実味を持ち、人々を幸福にする味わいの彼のワインの中から、
シャルムシャンベルタン グラン・クリュ 2004をお持ちしました。

・・もう、ストックからみて、今回で会にだせるのは最後になるかなとおもいます。

2004ヴィンテージなんで、もう13年まえですよね。前日抜栓時に、わらの香りが

して、酸味が非常に高いイメージでしたが、当日は、トルショーらしい、柔らかさが

でてきて、一安心。昨年おりがやや多かったので、今年は一週間まえから、ボトルを

立てていたのですが、それでも、ややオリが多かったです。でも、味わいは普段、

あまりワインを飲まない方にも大好評でした。

 

 

 

 

お料理はこんな感じ。

今回は参加者が多くて、田中シェフ大丈夫かな?って

思ったんですが、さすがホテル出身者。完璧な

仕事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理メニュー
☆アンティパストミスト
マッシュルームのムース
カボチャと小豆のパイ
三元豚とキノコのパテ
黄金千貫サツマイモのキャラメリゼ
カボチャのサブジ
栗の赤ワイン渋皮煮
サツマイモとヒジキのコロッケ
☆パスタ
肥後レンコングリルと鴨リゾット☆お魚料理
オマール海老と貝柱ムース青茄子ピュレソース
☆お肉料理
ビーフフィレ肉グリルとキノコの赤ワインソース
温野菜添え
☆マスカルポーネのムースいちじく添え
☆パン コーヒー

 

 

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

author:いけやん, category:イベント, 12:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ニセアップルに注意!

本日、届いたメール


 

なにげにクリックすると。。。

 

わたし、アップルIDいっぱいあるので、どれかわからず、しばし思案。

 

で、アドレスがおかしいことに気づく。

 

あー、これは最近流行りの偽装HPだわ。

 

最近のはよく出来ているのね。

へんな日本語も随分減って。

 

とここで一度削除。

 

・・してみたんですが、どうせならと人柱で進んでみました。

もちろんデタラメIDを入力して。

 

次へ

次へ

ここでクレジットカードの入力です。

多分、本家ではここに来ないはず。

 

クレジット番号、名義、期限、セキュリティ番号、

これは、丸裸ですな。

 

危ない、危ない。気をつけましょう。

 

author:いけやん, category:日記, 09:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
カートシステムを変更しました

お買い物ページのカートを変更いたしました。

 

カラーミーのカートをレンタルしておりましたが、

商品変更、更新に時間がかかり、うちの作業と

あわないため、cgi方式の動きの軽快なカートに

変更いたしました。

 

送料、代引き手数料、クール、箱代等の自動計算が

できませんので、受注後、改めてお会計をメール

させていただきます。

 

よろしくお願い致します。

 

author:いけやん, category:ごれんらく, 19:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
円熟

 

山形の竹の露さんから、魅力的なお酒のご案内が来ました。
出羽燦々44%27byを氷温でじっくり寝かせて

仕上げられた純米大吟醸「円熟」芳醇辛口酒

税込3780円です。1.8のみ
お得感スゴイですね。


有料試飲中

author:いけやん, category:竹の露酒造 山形県, 11:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
新町のイタリアン、小西屋さん

 

新町のイタリアン、小西屋さんからお葉書いただきました。

ありがとうございます。

 

昨年のオープンから、はや一周年。

 

お店のウリは、丹後直送の鮮魚と有機野菜。

 

この素材を活かしてできるシェフの料理も

とても美味しくて、これがまたマキコレワインと

実によく合います。

 

料理にあったワインをオススメしていただけますので、

気楽に聞いてみてくださいね。

 

 

場所は、

厚生年金会館の裏の公園から南へ200Mくらいでしょうか、

あ、今は厚生年金て言わないんですね。オリックス劇場からです。

心斎橋の四ツ橋側出口、もしくは西大橋が最寄り駅です。

 

大阪市西区新町1-23-9-2F

電話 06-6586-9769

ランチ11:30〜14:00(L.O)

ディナー18:00〜23:00(L.O)

 

余談ですが、先日玉川会で久美浜に行きました。

京丹後縦貫道路で、丹後までは大阪から2時間圏内に入って

きましたね。驚きました。

 

 

 

author:いけやん, category:マキコレワインの飲める店, 11:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark