RSS | ATOM | SEARCH
2016ボジョレーヌーボー最新生情報 2
ボジョレーヌーボー 2016
続、今年の最新生情報
9月から10月上旬まで雨もなく暑い日が続き、畑のぶどうはやっと完熟
することができました。全体的に小さめの実が良く色づきとても健康な房です。
収穫量も通常通り古木の畑で40Hl。若木の畑は50HLくらいとれていま
したが、畝によって受粉障害からくる小さな未熟果が多かったので、とても
糖度の高いブドウがたくさんあり通常でも12〜12.5度という糖度で収穫
しました。
が、日当たりのいい畝によっては、13度や14度にあがった生産者もいたそう。
今年は他の生産者も、一番熟度が低い畝でさえ、11.5〜12度と通常より
糖度が高かったようだ。
また、今年のように収穫してタンクに入れた時点で、果汁に少し色がつくような
年はアントシアニンが沢山含まれるので色も濃く出ると思います。
ただ今、、マロラティック発酵もう少しで終わるところなので、味の細かい評価
までは出来ませんが、綺麗な色が出ていて、とおてもバランスが良くタンニンが
細かく円い。果実味もはっきり出てきているので、あと10日もすれば今年の
キャラクターがはっきりするだろう。

今年の特徴は2015年ほどは凝縮はしていないが、2014、2013、2012よりも
凝縮していて尚且つバランスが良い、2011や2010のようなバランスの
良さだそう。

ただ、今年は日当たりのよい悪いや、傾斜のある畑と平地の畑はかなりの差があり、
ヴィルフランシェ村より南のボジョレー・ヴィラージュの畑は特に収穫量がとても
多かったため、残念ながら凝縮度の無いシャバシャバのワインができているそう。。。
出来上がりの詳しい情報はまた15日後。

                         金井麻紀子
※マキコレの生産者は北の方ですので、問題なく、いつものクオリティが期待できます。
 そもそも、作り手の水準にあわないブドウは、他に売ってしまいますので、悪いワインは
 出ません。ご心配無用でございます。安心してご注文くださいませ。
                                                                       大阪・池原酒店
author:いけやん, category:フランス現地情報, 11:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.ikeharasaketen.com/trackback/4342