RSS | ATOM | SEARCH
ボンジローとチーズの会
 26日に店内でセルビアワインのボンジロー5種類と
天満橋フロマージュの今井店長によるチーズの講習会
を交えた会を行いました。

セッティング段階で、ロックフォールには貴腐が合う、
との情報があり、急遽、モンバジャックをプラスしました。

このモンバジャックは貴腐ですが、とってもリーズナブルで
750mlで3000円を切ってます。ありえねープライス。

お帰りに購入なされた方もおられました(^^♪

さて、本日のチーズはこんな感じ

チーズ一式

うーん、おいしそ〜

これから、スライスなんで、その前に写真です。

1,中央 上段 クリームオレンジ 牛乳 
デンマーク フレッシュ 
熟成 なし 

デンマークのクリームチーズにオレンジ果汁と果実を
練り込みました。コクのあるクリームチーズと柑橘の
爽やかな風味が良く合います。パンやクラッカーを
乗せたり、デザートタイプのチーズです。

♪ キリとかと違って、香ばしいチーズで深みがあります。
 
2.左 カマンベール・ド・ノルマンディー
牛乳※無殺菌 フランス 白カビ 最低21日間

フランスで有名なチーズの一つで、名前はノルマンディー地方の
カマンベール村に由来します。フランス革命後、この村に住む
マリー・アレルという女性が造り出したと伝えられています。
1850年にパリを結ぶ鉄道の開通と、長期輸送可能な経木の
パッケージで一躍有名になりました。

♪ カマンベールは切り口のフレッシュさが旨さの要ですよ〜

3.右上 ジャニエ氏熟成のロックフォール極上
羊乳※無殺菌 フランス 青カビ 最低3ヶ月間
およそ2,000年前から造られている、フランス最古の青カビ
チーズです。ラングドッグルーション圏で製造され、熟成は
必ずロック・フォール・シュル・スールゾン村の洞窟でしか
熟成させてはいけない決まりがあります。羊乳特有のミルク
のコクと甘みの中に、ピリッとシャープな青カビが絶妙な
組み合わせです。

♪ ロックフォールの緑のカビはフレッシュさの証だそう。
 きちんとケアすると、くすんだミドリが生き生きとした
 色合いになるのだそうだ。ブルーチーズですが、とても
 食べやすいし、おいしいですよ〜

4.中央 ジャニエ氏熟成 リヴァロ極上
牛乳※無殺菌 フランス ウォッシュ 最低21日間
ノルマンディー地方のウォッシュタイプです。13世紀には、
「アンジェロ」天使と呼ばれていたチーズで、表皮は鮮やかな
オレンジ色で、中はもっちりとした弾力のある食感です。
熟成とともに香りも増してきます。側面にはレーシュ(水草)
が巻かれ、昔、軍服の袖口のモールに見立てたことから、
コロネル(大佐)と愛称されました。

♪ アミノ酸の塊のような味わいのチーズです。

5.右下 サントモール・ド・トゥレーヌ 山羊乳 フランス
シェーブル 最低10日間

ロワール地方を代表するシェーブル(山羊乳製)チーズのひとつです。
薪の形をしており、表皮には木炭の炭をつけてあります。中心に1本
ワラが通してあるのは、製造番号が刻印してあるのと通気性を良くし
て熟成を促すためです。若いうちは、フレッシュで酸味も感じられますが、
熟成とともに濃厚な味わいになります。

♪ 白ワインと愛称がいいんです。今回はポエマのリースリング種が
おすすめでした。

6.中央下 日向牧場 フォルツァ9ヶ月熟成
牛乳 日本 ハード 加熱圧搾 9ヶ月間
兵庫県三田市にある「日向牧場」は約100頭のホルスタイン
を育てています。製造責任者の高橋さんは、イタリアで
チーズ造りを修行され、関西でも実力派の造り手です。
どれもオリジナルティーのあるチーズばかりです。フォルツァ
は、長期熟成ならではの旨みがあり、ほのかに酸味も感じられます。

♪ 本格的なチーズが国産でもあるってのは嬉しいですね。

番外

水牛のチーズ

後半、日本酒と合わせてみました。ばっちり。


セルビアワイン 

ボンジロー

ブルゴーニュとアルザスで15年間、畑の土に関する指導者と
して働いてきた、シリル・ボンジロー氏が4年前に創めた
ドメーヌ。
シリルは畑を蘇らせるスペシャリストで、ブドウの栽培も
全て健康(カビなど一切なし)で完璧な完熟をしています。

ポエマ


リースリング85% 地元品種5%☓3

味の野太いリースリングで、テクニカルにもあまり
冷やさないようにして飲んで欲しいとある。


ゼリヤ


超古木のガメイから出来たワイン。

今回、とっても開いていて、ファンの方が
多かったです。
おいしいガメイではなくて、ガメイの
美味しいワインはこれなんだって
納得されてました(^^♪


オペチャニエ


超古木のガメイと地元品種とありますが、
ゼリヤに比べてうんと厚みが増して
いい感じです。
感覚的には、ピノとガメイの混醸の
ような感じ。


イスティナ

セルビア語で真実と言う名のワイン
地元品種2種とガメイ等からなるワイン

ミディアムより、ややヘビー系


タイナ

タイナ

セルビア語で秘密という名のワイン
95%カベルネ・ソーヴィニヨンで、
本当のカベルネソーヴィニヨンの
味わいが楽しめる。

熟成は15ヶ月間ブルゴーニュ樽
(フランソワ・フレールの2年樽)


そして、貴腐ワインでモンバジャックを、

日本酒では奥能登の白菊、どSブレンド、大倉ひのひかり山廃
をおちょこにいれて、チーズとマリアージュです。

会場の様子

この反対側に私もいるのですが、風景写真はこれだけしか
撮ってませんでした(^_^;)

気がついたら5時。

たのしくお開きです。


チーズのプロを迎えて、とても勉強になる良い会でした(^^♪





author:いけやん, category:イベント, 12:10
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
先日のセルビアワイン会ではありがとうございました!Iちゃんにブログがアップされているよ!ってお聞きしまして拝見させていただきました♪池原商店さんの居心地のよい空間、素敵ですね。またお邪魔させてください!
From Iちゃんの友達 山中
monsoleilyoko, 2012/03/09 10:01 AM









Trackback
url: http://blog.ikeharasaketen.com/trackback/3774