RSS | ATOM | SEARCH
ハーパーさん来店
木下酒造の杜氏、フィリップ・ハーパー氏が9月30日、ひょっこり来店してくれました。
ダイモン酒造のころから、仲良くさせて頂いているのですが、こうやって訪ねて頂けるのは
ほんとに嬉しいですね。

で、しばしお話をして、今年のコメは期待できるけれども、福島で今までコメを手配していた
大手の酒蔵が関西のコメを狙っていて、コメが手当できるか不安とか、東北の酒が売れている
けれど、私も同意見ですが、本当に被災していたら、売る酒がないはず、との意見で激しく同意
したり、それでも蔵すべてが流されたところも、やめた蔵元が自分ちの設備を使ってくれって
再開した蔵の話とか、もう時間が惜しいくらい盛り上がりました。


時間が許せばいくらでも話していたかったのですが、配達に出なければならず、気をきかせて
お帰りになられました。

ハーパー氏と妻ハーパー氏と店主

その後、契約蔵のセールスをしている宿谷氏がいらっしゃって、さっきまでハーパーさんが
いたんですよ、って伝えると、大変悔しがってました。

私も、日本酒トークを聞きたかったのですが、仕方ないですね。

賑やかな一日でした。
author:, category:木下酒造 京都, 01:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.ikeharasaketen.com/trackback/3669