RSS | ATOM | SEARCH
18回目 樽だしヌーボーの会2017

2000年から、好評を得ています、マキコレヌーボー樽出しの会、

早いもので、18回目の開催の運びとなりました。

今回は新店舗内で初めての大型着席イベント、設営する中で、

テーブルの巾とか、人の流れとか、はたまた、寒い中、

お越しいただく方のコート掛けとか、お手伝い頂きながら

無事、開催。

食事も前々日から、妻が仕込みをして当日は、早くから

手伝っていただき、また、皆様にも一品もちよって

いただき、楽しい会となりました。

また、店のポテンシャルも改めて確認できました。

翌日以降の掃除、モップ掛けもタイル床の恩恵を

存分に感じました。

 

当日のヌーボーは、

ワイン

今年のが樽も入れて9種類

以前のが、4種類

の合計13種

 

まずは、ゲストの方に樽を開けていただき乾杯から

開始です。

 

ワインの感想

 

ラヴォーム2017

 

ショヴォーラヴォーム 2017

普段はマキコレ入りしていないのですが、

根強い人気のある無濾過タイプのヌーボーです。

飲んだ感じも穏やかな酸でやさしく飲める、

ちょっと甘みを感じるワインでした。

 

モルテ2017

 

ジャンモルテ 2017

ムーラン・ナ・ヴァンの生産者 モルテ。

香りが好きなんですね〜。

あと、生き生きとした色合い。風味。

 

モルテV2017

 

ジャンモルテ ボジョレーヴィラージュ 2017

香りとか、色とか、もう職人さん、すごいと

思う蔵ですね。

今年は、いつも全種類お取引いただく、バールの

マスターがイチオシだったワイン。

 

ロマネッシュ2017

 

クロデロマネッシュ ヴィラージュ2017

モルテの息子さんのワインです。

フレッシュな葡萄風味と、

後味のやや黒糖ぽさが、特徴的です。

 

プチメゾン2017

 

プチメゾンオート 2017

ノーマルヌーボーですが、しっかり感も

あります。

色も濃い目でした。

 

プチメゾンV2017

 

プチメゾンオート ヴィラージュ2017

この上に無濾過タイプが2種類あるのですが、

ワインとしてのトータルなバランスは、

この濾過タイプもオススメでした。

意外にタンニンが効いてるかも。

 

アラシエンヌ2017

 

プチメゾンオート アラシエンヌ2017

無濾過タイプで、解禁日から試飲して頂きました。

その、豊かな果実味で、感動して泣いて居た方

や、購入を躊躇っていた方が、即決で買われたり

してました。

 

アルヴァンドヴォーソンヌ2017

 

プチメゾンオート アルヴァンドヴォーソンヌ2017

こちらは、無濾過樽熟成のワインです。

じっくり飲むと、さらに樽のパワーがアップしています。

飲みごたえのあるヌーボーでした。

 

マチュー2006

 

マチュー ヴィラージュ2006

古いヌーボーも飲んでみました。

色はだいぶ枯れてますが、意外に

味は生きています。

 

マチュー2008

 

マチューヴィラージュ 2008

なぜか、こちらの方が、年を重ねてる感じでした。

 

・写真がないですが、2007年に樽から移したヌーボー

 

プチメゾン2016

ジャンモルテ ヌーボー2016

2016のヌーボーは、2017と変わらないくらい

フレッシュでした。

 

様子

 

ちょっと、画像加工してアップしています。

 

参加されていて、

元の写真ご入用の方、メールください。

 

記念撮影

 

総勢23名

 

(2名ほど、用事、体調でキャンセルになりました。)

 

 

ちなみに2017の

マキコレ・ヌーボーは

ショヴォーラヴォーム 6本

アラシエンヌ 12本

アルヴァンドヴォーソンヌ 4本

となりました。

 

 

 

 

 

 

 

author:いけやん, category:日記, 20:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ヌーボーの樽の開け方

樽の開け方

 

樽の詰替をご予約いただいたお客様に

行っておりますが、樽の開け方に

ご興味をお持ちの方も多く

いらっしゃいますので、

公開いたします。

 

写真 上から右 斜め下へ、

そして、左ななめ下、

で、無事、あけることが

できました〜。

author:いけやん, category:日記, 11:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ヌーボー31本になりました。

 

27ケースのボジョレーヌーボー、

ご予約・ご来店のお客様で、

11/18現在、31本になりました。

ありがとうございます。

 

現在の在庫は、

ショヴォーラヴォーム 8本

プチメゾンオート アラシエンヌ 15本

プチメゾンオート アルヴァンドヴォーソンヌ 8本

です。

昨日、アラシエンヌを試飲されたお客様は、最初は

ちまたの安いヌーボーの2倍くらいの価格に

購入を躊躇っておられましたが、まず、本物の

ぶどうの色に驚き、次に、あま〜い香りに感動し、

一口飲んで、笑顔になって涙してました。

他所で飲んだヌーボーはなんだったんんだろう?

奥さんと飲むと、1本ご購入頂きました。

 

今日も、毎年評判がいいので、ここに買いにきました、

去年、別のとこで買って失敗したんで、今年はここに来ました、

とか、嬉しいお話が続いております。

 

ただいま、店頭試飲しております。

是非、ご体験ください。

author:いけやん, category:日記, 11:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ニセアップルに注意!

本日、届いたメール


 

なにげにクリックすると。。。

 

わたし、アップルIDいっぱいあるので、どれかわからず、しばし思案。

 

で、アドレスがおかしいことに気づく。

 

あー、これは最近流行りの偽装HPだわ。

 

最近のはよく出来ているのね。

へんな日本語も随分減って。

 

とここで一度削除。

 

・・してみたんですが、どうせならと人柱で進んでみました。

もちろんデタラメIDを入力して。

 

次へ

次へ

ここでクレジットカードの入力です。

多分、本家ではここに来ないはず。

 

クレジット番号、名義、期限、セキュリティ番号、

これは、丸裸ですな。

 

危ない、危ない。気をつけましょう。

 

author:いけやん, category:日記, 09:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
by表示
日本酒の醸造年度

ワインは飲み頃等の評価があり、管理がしっかりしていれば、そちらの価値が上がります。

日本酒は新しい方が良いような誤解があります。うちなんかは随分長い間冷蔵庫で管理していても定価ですから、古めのお酒を探されてる方には結構喜ばれています。でも、日本酒って、ヴィンテージ分かりにくいんですね。で、シール貼りました。

これで、冷蔵庫正面から分かります(^^)

author:いけやん, category:日記, 12:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
カブリアックのHP

カブリアックのホームページを発見しました。

 

ワインのテクニカルが色々と載ってます。

 

http://www.chateau-de-cabriac.com/index.htm

 

 

カブリアックは安くて、美味しい。

 

 

 

しかも抜栓してからの味の持ち具合が驚異的。

グラスワインにもよく選ばれています。

 

当店でもよく売れてます。

 

http://www.ikeharasaketen.com/wine/cab.html

 

 

テクニカル、楽しそうです。

 

じっくり見て回ります。

author:いけやん, category:日記, 18:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
遊穂の動画

author:いけやん, category:日記, 10:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
酵素のパイオニア、新潟のミヤトウ野草研究所さんに行ってきました。

1993年ころから取扱はじめ、私の花粉症が劇的に改善した野草酵素を

もっと知りたくて、前回に訪問したのが1995年、今回は22年ぶりの

訪問となりました。

 

創業者の近藤堯氏とは、まだ、野草酵素が限定免許の頃からのおつきあい

でした。その近藤氏の訃報を受け取ったのは、昨年の12月。社葬のお誘い

でした。残念ながら社葬に行くことが叶いませんでしたので、今回やっとの

訪問です。

 

素晴らしい製品を作り上げていた近藤社長、社長なき後、方針が変わらなければ

いいんだけど、と思っていた心配事は、見事に払拭されました。

 

1時半の約束で会社に数分前に到着すると、既に案内の方が待たれていて、

事務所の前を通るときは、皆、手を止めて挨拶してくださり、社葬で流したという

ビデオは創業者、近藤堯社長の会社や社員のおもい、また社員から亡き近藤氏への

おもいがたくさん込められていて、近藤堯イズムがここまで浸透しているのかと、

本当に嬉しくなりました。

 

応接室に飾られた特許取得の賞状が数多くあり、会社も22年前は10名程度でしたが、

現在は140名の社員さんに支えられている会社となっていました。

 

近藤氏は、「あなたの大切な家族に飲ませたいと思うようなものだけをつくりなさい。」

     「偽物を作るんだったら会社を閉める」

 

と、どこまでも研究者。

 

社長、苦労されたでしょう?の問いかけには、

「好きでやってきたから、苦労と思ったことはない」

と、きっと幸せな人生だったに違いない、と思えました。

 

現在の社長も、私のようなものにも会ってくださり、近藤氏との昔話も交えながら、

会社は大きくなりましたが、行ってることは、手作りで、会社が小さい時のままです。

これからも変えるつもりはありません、と宣言してくださり、ありがたかったです。

 

 

前日に泊まったビジネスホテルの窓から偶然にも本社を発見。

 

 

近藤氏の像と記念撮影

 

 

以前はここにお邪魔しました。

 

 

現在は工場3箇所、とくに大きいのは、

 

東部工場

 

これ左側だけです。

 

 

 

これが右側

 

上越を代表する優良企業だそうです。

 

こちらも1時半から3時まで、工場見学も含めて、じっくりと

お相手していただきました。

ありがとうございました。

 

この後は、少し遅いお昼を頂いて、雨の止んだ4時ころから大阪まで500km

自宅には、9時半ころ到着しました。

 

 

 

 

 

author:いけやん, category:日記, 18:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
マキコレの聖地、群馬桐生のかないやさんに行ってきました。

22、23日で、妻と一緒に車で、群馬のかないやさん、新潟・上越のミヤトウ野草研究所に

行ってきました。

 

道中に看板発見

 

そして到着

 

まずは、一緒に昼食を頂いて、倉庫見学

 

 

 

この他にも2箇所。大きくなりました。

 

この後、マキコレワインのお話を6時までびっちりと。

驚くべき話があれこれと。

 

全てをここに書くわけにはいきませんが・・・

 

 

・ワイン好きを20名集めると、

5名は「ワインは好きで良く飲むけど、頭が痛くなるんだよね。」

という不思議あるある。そういう方にマキコレを飲んで頂くと、

口を揃えて「ぜんぜん違う」と言われます。

 

その理由は、

 

・マキコレワインと、他のワインは別物

 

そんな中、飲んで素直に美味しい、生産者と会って話をして畑を見ても別物。

ワイン造りに命をかけて、素晴らしい姿勢で取り組んでいる生産者さまの

ワインがマキコレワインです。

 

 

輸入ワインがこれだけ多く輸入されている昨今ですが、それを

上回って輸入されているのが、バルクワイン。

タンカーでがんがん混ぜる用のワインとして輸入されているんだそうです。

どこに使われているのでしょうか???

 

 

美味しくて、安全、頭の痛くならないワインを飲みたいですね。(^^)

 

 

 

 

・ワインセラー内で、実地指導を受けております(^^)

この日は、たまたま、金井社長と麻紀子さんのWで

ご指導頂くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:いけやん, category:日記, 13:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
車坂飲みきり、岐阜のお酒の会 行って来ました(^^)
恒例の車坂、のはずが、大雨で、日根野で足止め。蔵に9:00の予定で臨んでたので、9:30再開のアナウンスを信じて予定外の日根野ピクニック。、、、ところが、その後再開は12:00に。。。。
今日は予定があると言っていた佐野の友人に電話。 日根野で足止めやねん。、と言うと、送ったるわ。チョット待っといて。と、ありがたいお言葉。
無事、車坂に行けました。
その後、岐阜も参戦。
でも、人の多さに全蔵制覇は早々に諦めて、岐阜の渡辺屋さんに電話。ありがたい情報をゲットして集中制覇です(^^)


濃〜い、一日でした。

author:いけやん, category:日記, 19:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark