RSS | ATOM | SEARCH
アイスブレーカー入荷


毎年大人気のアイスブレーカーが入荷しました。500mlサイズお待たせです。

1.8. 3240円 720 1188円

author:いけやん, category:木下酒造 京都, 19:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
アイスブレーカー入荷
玉川の人気銘柄、アイスブレーカーが入荷致しました。昨年はあっという間に嫁ぎ先が確定し、あまりご紹介出来ませんでした。今年は少し余裕がありますので、ブログに掲載致します(^^)
#jizake#tamagawa#icebreaker

author:いけやん, category:木下酒造 京都, 10:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
玉川会 レポート
玉川会に行ってきました。

京都・久美浜の木下酒造さんから、第三回玉川会のご案内を頂きましたので、初日だけですが、参加してきました。この日は、朝から雨模様。翌日のことを考えて日帰りでしたので車で参加です。朝、新大阪に家人を送り、池田から高速に乗る予定でしたが、車線緊急工事の渋滞で、宝塚からに変更、宝塚入り口手前から3キロ20分くらい渋滞にかかってしまいました。福知山で降りて、コンビニで小休止。12時45分ころに蔵に着きましたので168キロを約3時間でした。会場は少し離れたところなのですが、翌日の蔵見学が出来ませんので、先に蔵見学です。会場受付には1時頃着いたのですが、本会場が、少し離れた久美浜商工会館で少し移動です。

会場では、何人も知り合いの方にお会いしました。都島の杉本さん、寝屋川の白井さん、此花の酒ボックスさん、本日のパネラーの箱部さん、等々。

きき酒が2時までで、37種類ありましたので、ダッシュで利きを開始します。車ですので、全て、ハケに戻します。当店は基本的には、無濾過生原酒を頂いていて、その印象が強いので、一言メモは無濾過との
比較になっています。

1、 純米大吟醸2007熟成酒   ●   まろやかで苦味はもうない。 
2、 純米大吟醸 22BY      △   苦味を少し感じる、もう少しだけ先かな
3、 純米大吟醸 23BY      ○   うすい印象
4、 自然仕込 玉龍生酒20BY   △   ややひねの感じがあり、辛い
5、 自然仕込 玉龍22BY     ○   うすい?
6、 大吟醸23BY         ○   香り系 よくまとまってる。
7、 大吟醸 かぶとやま 22BY   ○  めっちゃ薄い
8、 大吟醸40%    20BY   ●  ちょっと薄い
9、 純米吟醸こうのとり20BY    △  イメージより薄い
10、 純米吟醸こうのとり23BY  ○    
11、 純米吟醸 雄町22BY    ○     かなり熟成がすすんでる(色)燗向けか?
12、 純米吟醸 雄町23BY    ○     生ひねぽい
13、 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒24BY×  玉川雄町の飲みなれた味わい 
14、 純米吟醸 祝 22BY    ○     こなれてる、やや薄い
15、 純米吟醸 祝 23BY    ○     けっこう厚い味わい
16、 純米吟醸 祝 無濾過生原酒24BY ×  15と同じくらい厚い。祝は熟成するほどこってりするよう。   
17、 人喰い岩 23BY      ○     かるい
18、 益々繁盛 23BY      ○    
19、 自然仕込 やんわり 22BY ○     低アルコールながら、このうまみは見事。
20、 特別純米 23BY      ○     いいくらい
21、 自然仕込 キモト純米 こうのとり22BY  ○  うまみが多い
22、 自然仕込 キモト純米 無濾過生原酒24BY ×  生ひねがあるが、うまみが多く気にならない
23、 玉川 23BY        ○      いいくらい
24、 自然仕込 本醸造 山廃 無濾過生原酒 24BY     ×  23より、味のりがいい
25、 自然仕込 純米 山廃 五百万石 無濾過生原酒24BY  ×  酸味・旨み まだ若いかも
26、 自然仕込 純米 山廃 雄町 無濾過生原酒24BY    ×  酸がやさしくてふっくら
27、 自然仕込 純米 山廃 無濾過生原酒 白ラベル24BY  ×  アルコール高く、ややシャープ
28、 自然仕込 純米 山廃 北錦 無濾過生原酒24BY    ○  軽めの辺りとおもいきや、あとはしっかり
29、 自然仕込 純米 山廃 ひやおろし24BY        ×  やんわりより度数は高いが、うまみは同じくらい
30、 自然仕込 純米 山廃 ビンテージ 21BY       ●  古酒タイプ、ナッツ風味がでかかっている。
31、 2010 寅 21BY       ●            古酒風味
32、 タイムマシン88 21BY     ○            うすい
33、 タイムマシン1712 23BY   ○            少しまろやか
34、 タイムマシンビンテージ 21BY  ●            キャラメル味
35、 タイムマシンビンテージ 19BY  □            ここまでいくとみりん
36、 丹後23BY原酒    □                  賄い酒だそう。
37、 玉川23BY原酒    □                  こちらは、24番の23BYと思う。うちでも人気。
在庫状況 ●数量限定 ○在庫あり、定番 △残りわずか □参考出品 ×受注生産品
受注生産品のうち、当店の在庫は、

13、 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒24BY×
16、 純米吟醸 祝 無濾過生原酒24BY ×     
24、 自然仕込 本醸造 山廃 無濾過生原酒 24BY     ×
26、 自然仕込 純米 山廃 雄町 無濾過生原酒24BY    ×
27、 自然仕込 純米 山廃 無濾過生原酒 白ラベル24BY  ×
29、 自然仕込 純米 山廃 ひやおろし24BY        ×




利き酒が終わって、まずは、ハーパーさんの講義です。。

木下に移って6つくり目の今年までに至る、蔵の変遷をざっと説明、250石程度だった石数は昨年は550くらい
今年は750石を目指すという。それに伴う冷蔵庫や、生原酒を取りおきできない事情等もお話。

次に、パネラーの方5名によりますディスカッション
テーマは、「受けた酒」「受ける酒」
参加者
松崎氏・・・ま  日本酒記者
筒井氏・・・つ 元国税局鑑定官
箱部氏・・・は 新地のたこ茶屋さんマスター
掛田さん・・か 神奈川の酒屋さん
ハーパー氏・ハ 杜氏

まずは自己紹介から始まりました。
ま:デパートの販売時代に、しぼりたてを杜氏が嫌がるなか、一般受けして150本ほど売れた。
  意外性をアピールするものが必要では?
か:7号 無濾過を生でトンネル熟成 1本4000円だがよく売れた。
は:たこにはタウリン。タウリンは肝臓の薬。なので、酒とは切っても切れない縁。
  店のスタートと同時に地酒の勉強を始めた。10年目に米酒の会に参加、その参加者
  が、あれこれ注文。かかわりを持つと飲むようになる。個人的には熟成バカ。
つ:仙台・信越・沖縄以外の地区は全てまわった。役人の目からは、
  級別審査 特級 ― 贈り物
       一級 ― うけてた
       二級 ― 飲む
 いずれも、国の保証という安心感があった(大手メーカー・昭和から平成)
 平成 寒梅・上善・久保田などは、評判だから飲まれてた。弱いところをついた。
ハ:酒造り22回目 おりがらみがうけた。今は、アイスブレーカーが東京でも有名

ま:パッケージはどうでしょう?
か:宮城の酒には、タブーな納豆ラベルのお酒がある

た:話は変わりますが、アイスブレーカーはおいていない。頼むのは若い人が多いが、
  店のスタイルは、割烹コース式なので使うところがない。
  14代の新酒からふわっとやわらかな雰囲気に惑わされる人が多い。
  無濾過から離れていっている、無濾過の次は、ビールやらなんやらに行くことが多い
  酒塾を運営していておもうこと、会費が高いのでいい酒・いい料理を頼み、食する。
  研究心も旺盛で、新酒を燗にしたり、燗冷ましにしたりする。初心者は淡麗なものを
  頼むが、常連さんは、味のあるものを頼む。飲み方が上手になってきた。
  マイちょこを推奨している。一定評価が出来ること、優越感があること、が大事。
  マイちょこを店で預かっている。

ま:食の変化について
つ:S36年から酸は減る一方。昔は2.3ほどあったのが、平成元年ころは、1.3−1.4
  今は1.2以下。甘さはS42-45がピーク。-2度があたりまえ。特級は甘く、ふたの
  裏に白い粉がつくのがよかった。酸は若干もどりつつある。
た:料理の酸も同じ  酒は食中から食前むきへ
つ:平成5-10年のお酒は、アルコール 1.5、酸1.5、アミノ酸1.5 くらい
  製造は3万KL 今は1.8万KL  純米・純米吟醸は5600KL でほぼ横ばい。
  香水級の大吟醸は一杯目だけの酒。これでは増えない。
ハ:広島(鑑評会)に38%21BY 大吟醸 金賞だったが、今は、金賞の酒はやめて
  飲んでうまい50%でつくっている。

ま:これからの日本酒への希望
か:旨みと酸の強い(1.8−3)酒ばかりに偏った酒屋ではありますが、お燗で旨みがでると
  、消費が増える。飲食店は冷が多い。酸の模索、料理・家飲み
た:燗が増えないのは、デフレの影響。人件費のかかる燗をする余裕がない。
  外人だけの会のとき、一番感嘆するのは、熟成酒。長期熟成に造詣が深い。キャラメルの
  ような味わいは高貴な味わいと受け取られる。自分は堀江流なので、酒を苛める。積算温度
  の時間。大吟醸の長期熟成のお燗はなんとも言えないほど、凄い。
つ:本流ではないが、高級酒を熱湯わり、常温にして飲ます。新酒でぶんぶん香るものはお燗はだめ
  。割りは酒6−8 湯 4−2  原酒・熟成でもOK  体が楽なので、結局消費は増える。
ハ:キモトも速醸もどちらもつくる。
か:発酵食品のイベントに入れ込む。  興味を酒の外から持たす。
  音楽・アート・などから伝播する。
ま:新しい飲み方
た:辛口・辛口と言いすぎ。文献を紐解けば、明治25年に酒税をあげるために政府主導で、酒量の
  増える辛口酒政策がとられた。全ての酒にあうのは、「あんころもち」。あんころもちを食べた
  あとでは、全ての酒が辛口の薄い酒になる。日本酒に辛口はない。グルコースが少ないということ、
  甘くはないということ。
つ:ここ10年の消費量 成人男子一人当たり
  S50年代 20L
  62−平成 15L
  平成11年 10.4L
  平成20年 6.1L
  平成30年には 2L ?
  料理に使うといい。ごはんに20CCいれて炊飯すると、美味しくなる。のんでも美味しいよと。

ま:会場から取り組みについて発表いただける方?  (箱部氏の指名で、寝屋川の白井さん発表)
しらい:米酒の会について アウトからインへ。PBで寝屋川 親しみを持たす。
ま:一番遠いところで、北海道のやまやさん、お願いします。
やまや:かまくら貯蔵の酒を情報発信したら反響が大きかった。冷蔵庫とは全く違う熟成を見せた。
    バランスよく綺麗。北海道は11月から3月は雪がある。冬は氷点下。冷蔵庫にはいるとホッとする。
    アイスは冬が一番売れる。

ま:せっかくですので、質問はありませんか?
Q:完全発酵について
つ:酵母が死ぬと癖がでる。発酵が自然に止まるということ。甘みのデキストリンが分解できなくなる
ハ:都合のいい言葉です。この言葉は非常に誤解を生みやすいので、自分は「ちゃんとした発酵」と
  いう言葉を推奨します(拍手)それは、純米でなくても、本醸造でもOK。一番肝心なのは、微生物が
  満足することです。そうすれば、長期熟成の出来る傷まない酒になります。
つ:もろみの発酵で、未熟な場合はビルビン酸が残る。完熟のときはない。また、未熟はアセトアルデヒド
  もでる。
ハ:白ラベルは一週間動きが止まったら醸槽
た:料理の世界はデータではない。完璧はない。

終了。
author:いけやん, category:木下酒造 京都, 22:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
玉川 白ラベル
 玉川 山廃純米生原酒 白ラベル 2,700円が入荷してきます。

これは、もろみ日数をうんと、かけてとことん発酵させたお酒です。
しかしながら、味わいもうまくバランスされています。


酒粕も入荷しました。
今は、この白ラベルの酒粕だそうです。
author:いけやん, category:木下酒造 京都, 00:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハーパーさん来店
木下酒造の杜氏、フィリップ・ハーパー氏が9月30日、ひょっこり来店してくれました。
ダイモン酒造のころから、仲良くさせて頂いているのですが、こうやって訪ねて頂けるのは
ほんとに嬉しいですね。

で、しばしお話をして、今年のコメは期待できるけれども、福島で今までコメを手配していた
大手の酒蔵が関西のコメを狙っていて、コメが手当できるか不安とか、東北の酒が売れている
けれど、私も同意見ですが、本当に被災していたら、売る酒がないはず、との意見で激しく同意
したり、それでも蔵すべてが流されたところも、やめた蔵元が自分ちの設備を使ってくれって
再開した蔵の話とか、もう時間が惜しいくらい盛り上がりました。


時間が許せばいくらでも話していたかったのですが、配達に出なければならず、気をきかせて
お帰りになられました。

ハーパー氏と妻ハーパー氏と店主

その後、契約蔵のセールスをしている宿谷氏がいらっしゃって、さっきまでハーパーさんが
いたんですよ、って伝えると、大変悔しがってました。

私も、日本酒トークを聞きたかったのですが、仕方ないですね。

賑やかな一日でした。
author:, category:木下酒造 京都, 01:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハーパーさん、古酒に自信
ハーパーさんを囲む会がうつぼ公園のぐらんたすさんでありました。

私は仕事が終わって、宴もそろそろ終了の頃にお邪魔したのですが、
今回の提供したお酒の中に20BYとか21BYがあったところから
(うちの在庫リストから懐石にあうものをハーパーさんにセレクト
していただいた)熟成酒は値上げして売っていただきたいという
持論をお聞きしたので、質問として、お酒の種類によっては
長期においておくと味が抜けてしまうものもありますが、どれくらい
は大丈夫ですかと聞きますと、10-20年はまったく大丈夫。
とのお返事。

早速、21BYのひやおろしを呑んでみましたが、これが、とても
まろやかさを増していて美味しかったです。
author:, category:木下酒造 京都, 13:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
京都のおすすめの地酒
イギリス人杜氏、フィリップハーパー氏の醸すお酒が玉川です。

この蔵は、土蔵つくりで生きた蔵付き酵母がおりますので、
玉川の山廃のお酒はすべて土蔵から沸いた酵母を用いた
お酒になります。

しぼりたて
にごり酒

玉川山廃純米
玉川 純米吟醸 雄町
玉川 純米吟醸 祝い
玉川 アイスブレーカー
玉川 山廃純米大吟醸
author:, category:木下酒造 京都, 19:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
しぼりたて新酒入荷
木下さんの今期一発目のお酒、本醸造生原酒とにごりバージョン
の1.8と720が入荷しました。

各々、1900円と1000円です。

あと、酒粕も入荷しました。


500g  400円です。

今はおとくな吟醸粕。

数に限りがあります。
author:, category:木下酒造 京都, 00:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark